過去の履歴が影響する消費者金融審査

出来る限り返済不履行による損失リスクを軽減させるため、消費者金融側としては融資申請者が過去あるいは現在、融資に係る不正行為がないかどうかを、加盟している情報機関に問い合わせ、その有無を確認しています。もし不正行為履歴が存在すると、審査に通らなく恐れが非常に大きくなります。過去に消費者金融を利用していても、確実に返済が行われている状況である、あるいは問題なく完済している事が確認できれば、誠実な人物であることの証明でもあるので審査にあたって有利なポイントとして判断されることがあります。


<金融機関が求める人物像>

お金を貸す消費者金融としては、貸したお金が確実に返済されることが約束されれば、進んで融資をしたくなるのが本音です。そのことを判断する大きな要素が「誠実であること」であり、年収に匹敵する大切な審査要件であると言えます。従って、事前評価段階で虚偽の申告が見つかった場合は、本審査でかなりダメージを受けることになり、合否の境界線上にある人にとっては、審査不合格の決済が下りる可能性が非常に高くなります。


<何事にも誠実であること>

俄かな時の準備として、日常生活において常に正しく誠実な毎日を送る事が大切です。誠実な人には、消費者金融のお世話になる時に、何かと有利な判断要素としてプラス効果が得られること筆致です。

 

Leave a Comment

Tags: