審査が甘い消費者金融審査の必要書類

一般的に「審査が甘い」という消費者金融のことは、過去の債務事故や破産者に対して柔軟に対応する業者のことを指している場合が多く見られます。大手の消費者金融は、過去の延滞のような債務事故があったり破産手続きを行ったなどがわかれば、契約を行わない業者がほとんどです。しかし中小の消費者金融の中には、そういった属性に関しても積極的に貸し付けを行っている業者もみられ、そういった業者が「審査が甘い」と言われています。しかし現在の状況を審査することに対してはかなり厳しく、必要書類も多くなりがちです。


<審査が甘ければ必要書類は多くなる?>

過去の債務事故に関する審査に柔軟性を持たせると、現在の状況についてはかなり厳しく調べることになりがちです。そのため求められる必要書類も多くなります。問題がない人に関しては「免許証と保険証」だけでいいような貸付限度額であったとしても、このようなタイプの消費者金融は免許証、保険証、源泉徴収票、給与明細書、納税証明書、同居家族が全て記載された住民票、年金手帳などの書類を求められることは少なくありません。これだけ提出しても現在のネガティブ情報が見つかれば否決となることもあります。否決となった人からは「個人情報を集めているだけなんじゃないか?」と勘ぐられることも多いのですが、「過去に問題を起こした人についてはこれだけ提出してもらってもなお心配は残る」というのが現場の印象でしょう。

 

Leave a Comment

Tags:

Comments are closed.